​腸内フローラとは

​腸内フローラ解析

×プランニング

​腸内を知ることは、体質を知ること

腸内フローラ解析をしてくれた方対応のメニュー。

改善したい内容や、悩み、自分に合う腸内細菌など

詳しくプランニングしていきます。

腸を制するものは、【美】と【健康】を制す!

腸内環境を見つめ直し、生活改善したい方へ。

​プランニング希望の方は商品ページの説明をお読みください。

​人間の腸内には1000種以上、1000兆個以上の腸内細菌が住んでいて、その様相がお花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれるようになりました。

代表的な腸内細菌はその作用によって分けられ、さらに理想的な菌の割合があります。

【善玉菌】良い菌のバランス20%

【悪玉菌】悪い菌のバランス10%

【日和見菌】

どちらにも属さず優勢な方に同調して作用する菌70%

このように悪玉菌がいない方が良いわけではなく、上記のバランスが大切なのです。腸内フローラの研究は日進月歩で進んでおり、バランスが崩れるとおなかの調子が悪くなり、肥満・生活習慣病・老化の要因にもなるといわれています。

 

調べる菌は39種類

​39種類でわかる45の自分

  1. 老化菌がいるかどうか?

  2. 痩せ菌がいるかどうか?

  3. デブ菌がいるかどうか?

  4. 病原菌をちゃんとブロックできているかどうか?

  5. 免疫細胞の餌を与えられているかどうか?

  6. 免疫のバランスが整っているかどうか?

  7. 交感神経が優位な時に痩せる体質か?

  8. 腸の絨毛を元気にしているかどうか?

  9. 三大老化の原因の1つ、糖化を抑えられているかどうか?

  10. 三大老化の原因の炎症化を抑えられているかどうか?

  11. 今のお食事のバランスが自分に合っているかどうか?

  12. 病原菌が入り込んでいないかどうか?

  13. インスリンがちゃんと出ているかどうか?

  14. アルツハイマーのリスクに近づいていないか?

  15. 食後眠くなりやすいかどうか?

  16. 小鼻の周りが赤くなりやすいか?

  17. 大腸菌が繁殖してしまっているかどうか?

  18. お肉をきちんと分解できるかどうか?

  19. お肉を食べる時に一緒に消化酵素をとらないといけないかどうか?

  20. グルテンアレルギーになりやすいかどうか?

  21. 玄米をちゃんと分解できるかどうか?

  22. ライ麦パンなどをきちんと分解できているかどうか?

  23. 肝臓が疲れていないかどうか?

  24. 社交的になれるかどうか?

  25. 家に引きこもりたくなってしまう菌がいるかどうか?

  26. 食中毒菌を保有していないかどうか?

  27. ピロリ菌がいるかいないか?

  28. 悪さをしそうな菌がいるかいないか?

  29. T細胞(免疫細胞)の暴走を抑えてくれる菌がいるかどうか?

  30. 海藻で太る菌がいるかどうか?

  31. 更年期障害の予防をしてくれる菌がいるかどうか?

  32. シワができにくいかどうか?

  33. 大豆が合うかどうか?

  34. 攻撃型の免疫が過剰になっていないかどうか?

  35. 添加物や水銀などの有害物質を体から出してくれる菌がいるかどうか?

  36. ピロリ菌を抑制してくれる菌がいるかどうか?

  37. 内臓脂肪を減らす菌がいるかどうか?

  38. 骨を強化する菌がいるかどうか?

  39. 母乳で育ち、きちんとビフィズス菌がいるかどうか?

  40. アレルギーを抑えてくれる菌がいるかどうか?

  41. コレステロールのバランスを整えてくれる菌がいるかどうか?

  42. 口臭を予防してくれる菌がいるかどうか?

  43. 乳製品の分解ができるかどうか?

  44. リーキーガット症候群になりやすいかどうか?

  45. ​自分に合うヨーグルトはなんなのか?

腸内を知り、体質を知る。
​リスクに備え理想の身体を手に入れる究極の方法です!

Copyright©RYOKO ODAKURA.